天パバンドマンは今日も眠れない

考えすぎてしまう天パのバンドマンが日々をつづります

【悲報】21歳天パバンドマン、禿げる【終わりの始まり】【絶望へのプレリュード】

実は私には幼少期からの悩みがありました。

誰にも打ち明けることのできない、大きな悩みが…。

何度も頭を抱え、いっそこのまま、、、と絶望に打ちひしがれたこともありました。

そう私は、

 

おでこが広いんですよ、、、。異常なくらいにね、、、。

 

 

がっかりさせてしまった読者のみなさん、すいませんでした。でも割と深刻に悩んでいたのは事実です。

 

私は小学生の時からこの悩みに苦しめられていました。

前髪の長さはおでこの広さに依存します。前髪とはおでこを隠すものですのでおでこが2cmなら前髪も2cmになりますし4cmあれば前髪も4cmになります。

そして大きなおでこの持ち主である私の前髪は必然的に長くなり、長くなった前髪はまとまって割れる。そう簾のように。

f:id:paraparaki:20180617180856j:plain(参考画像)

 

私はどうしてもそれが嫌だった。

通学用の帽子を深くかぶりおでこを隠して過ごした小学生。

厳しい校則に抗い前髪と襟足を伸ばし誤魔化し続けた中学生。

 

そして高校生。

ついにおでこの広さが露呈したあの水泳の授業。

 

なぜか私についたあだ名は、3DSだった。

 

当時任天堂から3DSが発売された時、私達は口をそろえてこう言ったのだ。

「いやでかッ!!」

 

そして仲のいい友人たちがプルーサイドに上がる私のおでこを見て口をそろえてこう言った。

「いやおでこひろッ!!」

 

きっとこの時に「大きなもの=3DS=私のおでこ」という連立方程式が成立したのだろう。

そして長年のコンプレックスが周りにばれたのにも関わらず、私の中に悲しい、苦しい、恥ずかしい、といったネガティブな感情は生まれなかった。

むしろ喜びにも似た感情で満ち溢れていた。

 

 

「こいつら!!こいつらまじで!!

 

 

 めっちゃセンスええやんけ、、、!」

 

 

いや正直めちゃくちゃ面白かったです。3DSてwww。おでこが広いからあだ名が3Dsてwww。センスの塊でしょほんとにww。

当時は本当に助かりましたね。深刻なコンプレックスを笑いに変えてくれたおかげで一つのアイデンティティに変わったというか。自分を形成するアイデンティティがおでこが広いことってめちゃくちゃ微妙な気持ちですけどね。

 

それからしばらくは水泳の授業があるたびに、私は3DSをプールに持ち込むなと謎のいじりを受け続けました。

「いやおでこやおでこや!!」

と壊れた機械のように繰り返しツッコミをしていたのを覚えています。いやぁ面白かった。

 

 

しかし、残念ながら私も年を取ったみたいですね。もう笑いごとじゃすまされない。

明らかに広がってるんですよ。

 

おでこがね。

 

もう正直リアルに3DSより私のおでこは広いかもしれない。それくらいのサイズ感を誇ってきてる。

 

具体的に分かりやすく言いますと指5本は余裕で収まります。おでこに。

 

しかも前髪もちょっとなくなってきてる。

今まではなんやかんやありつつも前髪の長さと毛量で世間を欺き騙し騙し生きれてました。

そう私は仮初の姿で世間を欺き偽りの自分で生きてきたのです。

 

しかしどうやらそれも終わりのようです。

広すぎるおでこと少なすぎる前髪。どう足掻いても私のおでこは世に晒される。

 

願わくば任天堂がこれ以上大きな携帯ゲーム機を発売しないことを願うばかりだ。

 

 

結論 書きたいこと書くとオチをつけるの難しいですね

(あ、AGAってあれ意味あるんですか?いい病院知ってたら教えてくださいまじで)

 

 

#コンパス【戦闘摂理解析システム】にはまった

起業から内定を頂き就職活動を終える決心をしたあの日。

「毎日好きなことができる!プログラミングの勉強ができる!バイトしてお金稼げる!」と抑えきれない好奇心を胸に背伸びをしたあの日。

残念ながら私はあの日からバイトもプログラミングの勉強もしていなければほとんど家からも出ていない。

どうしたんだあの日の好奇心よ。どこに行ってしまったんだあの日の好奇心よ。唯一家から出たのは大学のバンド仲間たちと徹夜で麻雀卓を囲んだあの日だけだ。(ぼろくそに負けました悔しい)

過去記事において偉そうに「やりたいことが見つからないなら忙しくしたらいんじゃん??」などとイキり散らかしていた人間の生活態度とは到底思えない。もう本当に恥ずかしい。

 

paraparaki.hatenablog.com

まあ私がこの全く生産性の無い糞のような生活を送っているのにも実は理由がある。そうちゃんとした理由がるのだ!

 

 

はまってしまいました。

 

はまってしまったんですスマホアプリに!!

app.nhn-playart.com

めちゃくちゃ面白いですこのアプリまじで。ちなみにステマとかアフィリとか一切関係ないですこの記事。そうゆうの抜きにしてシンプルに面白いですこのアプリ。

もう一日5時間くらいやっちゃってます。

それくらい面白いですこのアプリ。

 

実は私今までスマホアプリにはまったことなかったんですよ。ゲームは大好きなんですけどアプリはなんでかはまれない。

モンストとかバンドリとか荒野行動とか、今まで若者らしく色んなスマホアプリは遊んできました。

でも続かない。全くとして続かない。

周りに進められてワックワクでダウンロードするんですよ最初は。

でワックワクしながらインストールしてチュートリアル始めるんですよ。もうウキウキした顔で。

んでチュートリアル終わったらもう飽きてる。チュートリアルの途中くらいから顔はもう死んでる。

さっきまでワックワクのウッキウキだったのにチュートリアル明けたら葬式ばりのテンション。もうそんな感じでスマホアプリにはまれない20代を過ごしてきたんですよ。

 

そんな私がはまっちゃったんですよスマホアプリに!そりゃ日に5時間もうなずける。

このアプリの何が面白いって間違いなくその高い戦略性。操作自体はすごい簡単なんですけど奥が深い。

3vs3の旗取合戦っていうすごいシンプルなルールなんですけど、使っているキャラの職業やスキルデッキの編成、そして相手の立ち回り、それらを考慮して常にフルで頭を回転させながらプレイしなければいけない臨場感。もう奥深いなんてもんじゃないですよ。もはや沼。(例えとしては微妙)

 

しかし一つ難点があるとすればどうしても超えられない無課金の壁。

やはりどこまで行ってもスマホアプリ。課金者との間には越えられない大きな壁がありますね。ここ三日間くらいはその壁をどうやって乗り越えようかと悶々としていましたよ。結局超えられませんでしたがね。震えながらクレジットカード番号を入力しようとする手を押さえ付けたこともありました。

今は無課金としてほそぼそと楽しんでいこうかなと悟りの領域に達しております。

 

とまあなんか変なテンションでアプリを紹介する記事になってしまいましたが、本当に面白いんで是非皆さんもやってみてください#コンパス。たぶんはまりますよ。日に5時間は固いです。

ちなみに私は初心者でありながらすでにS2ランクです。

もしS2ランクで開始直後に真ん中のポータルに単身ツッコミ即溶けしているアタリがいたらそれは私です。優しく愛をください。

 


にほんブログ村

 

 

 

絶望して挫けそうな時に見てほしい映画

つい先週就職活動が終了しました。無事に第一志望のIT系のベンチャー企業へのエンジニア就職が決定しハッピーです。

しかし、日本の就活システムは糞だと就活を始める前から度々耳にしていました私でしたが、実際に経験してみるとめちゃくちゃ糞でした。糞みたいなシステムとそこに乗っかる糞みたいな企業。どこまで行っても糞でした。どのへんが糞かという話については後日腰を据えて記事として書かせていただく所存です。

 

とまあ不平を述べるだけではよろしくないと、私自身は今の日本の就職活動を変える仕事がしたいと思い人材系のITベンチャーへ就職いたしました。

私の働きが将来の就活生たち、そしてひいては日本の労働に対する意識を変えられたらなと思っています。

 

と、前振りはこの辺にしてタイトルどおり今回は人生に絶望して挫けそうな時に見てほしい映画を紹介します。私自身が糞みたいな就活に絶望し危うく手首に包丁を突き立てようとした時に助けてくれた映画たちです。

きっと現在人生に絶望し挫けそうな皆さんの力になってくれると思います。

 

絶望して挫けそうな時に見てほしい映画3選

1,はじまりのうた

f:id:paraparaki:20180611222030j:plain

職と家族を失った音楽プロデューサーと恋人に裏切られたシンガーソングライターが音楽を通して絶望から這い上がる物語です。

劇中で使用されている音楽がとにかく最高です本当に。物語の冒頭、職を失い家族にも突き放され絶望したダンの自殺を思いとどまらせた曲.。

「A Step You Can't Take Back」

映画のストーリーありきの歌詞ですので是非映画視聴と一緒にお聞きすることをお勧めします。

ちなみに私は東京行の夜行バスの中で映画のこのシーンを何度も見返して大号泣してました。

 

2,きっとうまくいく


まさかのインド映画になります「きっとうまくいく」。

実は現在インドは貧困が原因による若者の自殺が問題視されています。そんな若者の自殺問題を主題とした映画。三人の工学生たちが退学、貧困、病気など様々な割と重めの問題にぶつかりつつも「きっとうまくいく」と自分自身に言い聞かせ苦難を乗り越えていく物語です。

映画自体は3時間とかなり長いものになっているので途中休憩をはさみながら視聴しましたが、私の新しい口癖に「きっとうまくいく」が追加されたのは言うまでもありません。

 

3,イエスマン

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

はい。私がこの世で一番好きな映画です。

人と関わるのが嫌、休みの日まで外に出るなんて嫌、そんなネガティブな毎日を送るカールがあるきっかけからどんな決断にも「イエス」と答えるイエスマンになる。そして日々の「イエス」をきっかけに人生が好転していく。というもの。

もうめちゃくちゃポジティブになれますよこの映画。人それぞれ悩みや問題があるとは思いますが、ふさがってても何も始まりません。どんなチャンスも見落としてはいけない、まずはイエスと一歩踏み出してみることが大事ではないでしょうか。

 

反省

なんか映画とかバンドを紹介する記事になると途端に口調がうっとおしくなるのはなぜだろうか。

 


にほんブログ村

本質を理解せずに行動できる人間はすごい(皮肉)

 実は私は大学生になってからかなりの数のアルバイトを経験してきた。私の記憶が間違えていなければ現在の職場は9つ目にあたるはずだ。我ながらたった3年間の短い間にこれだけの数の職場を渡り歩いてきたことは誇りにも近い誉だ。

 しかし、どうやら世間様はそうは思ってくれないらしい。それだけの短期間でこの数の転職を経験している、という事は私の人間性には問題があると捉えるには十分なようだ。新しく見つけたアルバイトをすぐに辞め、そしてまたすぐに次のアルバイトを探す。私という人間性は社会には不適合であると見えるらしい。

 

 私は本質を理解するまで懐疑的な姿勢を崩す事はない。スポーツも勉強もなんだって、その練習や勉強法がどのような効果を発揮しどのような結果をもたらすのか。その事象の本質と呼べる部分を理解しなければいつまで経っても首を傾げたままだ。

 

 これはアルバイトにおいても同様だ。ただこれをしろ、あれをしろ、と指示をされても何故それをするのか、それをすることで何が起きるのか、本質を理解するまで私は一向に仕事が覚えられない。

 実は私がアルバイトをすぐに辞める理由はここにある。端的に言えば仕事を覚えるのが遅いのだ。ついでに早く覚えろ、と言われればちゃんと教えろ、と真顔で言い返すしらこい性格ときた。そりゃすぐバイト辞めるわ。

 職場を2つ3つと転々とするたびに自分がいかに無能かを思い知らされるようだった。周りの同い年や年下の人間はすぐに仕事を覚えて職場に馴染む一方で、仕事を覚えられない負い目からシフトも少なく職場に馴染めなくなり日々の生活も憂鬱になる。日に日に自信を無くしていくのが自分でも分かった。

 

 しかしある時、業務中に些細な疑問が浮かび手が止まることがあった。いつもならここで誰かに質問をすれば自分が仕事を覚えてないことがバレて評価が下がると幾分か逡巡するのたが、その時は何故か何も考えずに側にいた後輩に聞いてみた。

 聞いてみて驚いた。その後輩も理解していなかったのだ。

 それどころかそんな些細な問題気にした事もなかったと言い出す始末。その時に気付いたのだ。こいつらは何も考えていない。何も考えずただ言われた手順だけを機械のように繰り返しているだけだと。

 

 それからは早かった。何も考えずただ言われた事だけをする機械なぞが効率化を図れる訳がない。対してこちらは最初から本質を理解しようと努めてきた。スタートこそは遅れたが、一度本質を理解してしまえば必要でない手順、効率的でない手順は意図せず省略される。誰よりも仕事が早くなった。

 

 アルバイトを始めたばかりのころは、言われた仕事をすぐにこなせる様になる人たちが羨ましかった。

 しかし今は滑稽だとさえ思う。何事も本質というものがある。アルバイトにも勉強にも、スポーツにも。そして就職活動にも。

 言われたことを盲信しただこなすだけの人間は、何事においても大成はしないだろう。

 

 大切なことはひとつ。何故それをするのか、何が目的なのか、本質を見極めことだ。(少しイキリすぎたかもしれない)


にほんブログ村

【おすすめバンド紹介】エモすぎるバンド 【climbgrow】

 今日もしっかり天パバンドマンらしい記事を更新していきます。現役バンドマンとして「絶対に聞くべき!!」「これは絶対に売れる!!」そんなバンドをご紹介していきます。

 できる限り誰でも知っているような当たり前なバンド紹介は避けて、みんながあまり知らない、でもめっちゃいけてバンドを紹介していきたい所存。このブログだけ見てれば最近の音楽業界の動きは把握出来ちゃいます、なんてレベルのブログになりたい。

 

climbgrow

 とりあえずまずは一曲どうぞ。

www.youtube.com

climbgrow(クライムグロー)は滋賀県出身のロックバンド。バンド名はclimb(登る)とgrow(成長する)を組み合わせた「成り上がり者」という意味の造語。バンドの名前は英語で全て小文字。
杉野泰誠(vo&gt)の嗄れた声、人間味溢れるストレートな感情を綴った歌詞、テクニカルな演奏、そして圧倒的なパフォーマンスで聞くものに共感と感動を与える。

 

 エモすぎますよねclimbgrow。climbとgrowで成り上がりって、、、。これだからバンドマンの語彙力は、、。たまらねえぜ、、。

 雰囲気自体は最近のバンドっぽいどこか陰のある感じですね。憂鬱とした社会に不安を覚える若者たちに向けた「極彩色の夜へ」大好きです。ライブの最後にこの曲を演奏することが多いんですがめちゃくちゃエモいです。

 ただライブハウスではサブカル女子達がエグイくらい泣いててちょっとひきました。

 

 ちなみに2012年に結成されたばかりの若手バンドですのでにわか扱いされることもないので思い切ってファンを公言できます。ちなみに私はRadwimpsがデビューしたての頃から好きなのですが君の名はが大流行した際に起きた「自称Rad古参ファンvsRad新規ファン」の不毛な対決を圧倒的高みから見物していました。自称古参も新規も私からすれば赤子同然、ひとしく無力でした。

 

 今後成長していくバンドを一緒に応援できるのもこのバンドのいいところですね。ぜひ一度ライブに足を運んでみればどうでしょうか。


にほんブログ村

正直モーガンフリーマンめっちゃ好きだった

久しぶりの更新の内容がまさかの憧れの俳優のセクハラ記事ってどうよ


 

 私が彼に出会ったのはまだ小学生だったころだったはず。夏休みのある日、扇風機に当たりながらwowowで放映されていた洋画をなんとなく見ていた。

「ブルースオールマイティ」

 今では私の大好きな映画の一つだ。その中でも一番好きなシーンを。(モーガンフリーマンは映ってない)

www.youtube.com

 この映画に神様役として登場する彼を見たときから、私はその優しそうな人柄に惚れていた。

 

 それから「最高の人生の見つけ方」や「グランドイリュージョン」などたくさんの作品で彼の演技に魅了されてきた。

 お世辞ではなく、私は彼のファンの一人だった。

 

 

front-row.jp

 すくなくとも昨日までは。

 

 

 

 最近有名人のこういったニュース多くないですか。もうお腹いっぱいですよまじで。

やれセクハラだ、やれ不倫だとか。

 みんな好きだねこうゆうの。人間は自分が幸せかどうかより、他人が幸せかどうかを気にするって言い得て妙ですねほんと。

 ただ今回の事件に関して言えば被害者女性の事を考えればよくやったって感じですね。うんもっとやれ。

 

 

 ただやっぱりどこの世界にも自分の立場や権威を利用して理不尽を強いる人っているもんですね。

 かくゆう私も先日アルバイトの方でしっかりパワハラ受けてきました。ファッキン。やっぱり社会ってのはどうしても上下関係が産まれるものだし、人間は社会における上下関係を自分の価値だと勘違いしがちでもある。

 社会的にパワーのある企業の社員は自分にもそれだけのパワーがあると勘違いするし、本質的に全ての人間は対等であるという事を忘れてしまう。基本的に社会的に影響力のある人間がリスペクトの対象になるのは当然の事であるが実際にそのリスペクトが正しいものかというと疑問が残る。

 

forbesjapan.com

 

 フォーブスが発表したこの記事も、当然ながら真実だとは言い切れないだろう。しかし、確かに人の外見なんて運の良し悪しで決まるものだし、社会的に成功している企業も成功の秘訣はたまたまだった、なんて話はよく耳にする。

 

 もちろん努力に意味がない、運が全てだというわけではない。目標に向けて努力することは素晴らしいことだし、私も日々成長できるように努力している。しかし、その上で全ての人は対等であるべきだと思う。

 

 努力の有無や成功しているか否か、影響力を持っているかどうかなどその人の価値を決める上でなんの意味も持たないのだ。

 もしも自分よりもパワーや影響力にある人間に理不尽を強いられても我慢する必要なんてないのだ。本質的にあなたもその人も同じ価値を持つ人間なんだから。

 

 結局何が言いたいかというと正直モーガンフリーマンめっちゃ好きだった。

 それに尽きる。

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

やりたいことが見つからない時

今日は朝から非常にタメになる話を聞いた。やりたいことが見つからない人達には是非読んでもらいたい内容だ。あまりだらだら前置きをすると内容の価値が下がると最近気付いたのでさっそく本題に入る。

 

やりたいことが見つからない人は『忙しくしろ』これだ。

何を言ってるんだと思われるかも知れないがこれは案外的を射ている、というか最早正解だろうと個人的には思っている。

 

具体的かつ簡単に説明しよう。

人間とは本来必要でないと行動しない生き物である。

そして死ぬ程忙しくなって初めて効率化だったり生産性だったりアイディアが生まれる。

そして死ぬ程忙しくなって初めて、時間を割いてでもやりたい事が見つかる。

だからやりたいことが見つからない人はとにかく忙しくすることが大切だ。

まとめるとこんな感じだ。

 

確かにそのとおりだと感じた。自分自身もやりたいことが無くて一日中ダラダラしていた時期がかなり続いていたのだが、バイトやらテストやら就活で毎日が忙殺されるようになると急にあれがしたいこれにチャレンジしてみたいと思うようになった。

 

無限にあるように感じていた時間に限りが生まれたことでやりたいことやらなきゃ!

と必要に迫られ心の中に眠っていたやりたい事が出てきたのだろう。

 

人は自分のやりたいことや好きなことを本当は知っている、と色んなサイトや本で読んだことがあるがこれには概ね同意できる。やってみると意外と楽しい事って実は結構前から気になっていた、なんて事は良くある。

 

今やりたいことや夢中になれるものがない人は一度死ぬほど忙しくしてみてはどうだろうか。


にほんブログ村